常熱制作日誌

よろずやサークル・常熱大陸の制作日誌です。中の人は蒼屋真澄(Twitter:@masumiaoya)。

C95感謝御礼

 皆さんお疲れさまです。蒼屋真澄です。

 

 今回はC95(コミックマーケット95)の御礼ということでご連絡をいたしました。

 

 今回も多くの方々とお目にかかれて非常に幸せです。

 

 頒布の方は大学野球観戦記2018が約20冊ほど残部がありますが、流経大ドラゴンズ龍ケ崎観戦記2018は「完売」となりまして、非常にありがたいことでございます。

 次回はお誘いを頂きました2月のヨコハマフットボール映画祭と3月予定の東京野球ブックフェアでの参加(出店)を予定しております。その次は、8月のコミックマーケット96(C96)まで出ない予定でいます。

 2月・3月は既刊(流経大ドラゴンズ龍ケ崎はごく少数の増刷を予定)、C96は新刊を予定しております。C96での新刊は現時点で北海道コンサドーレ札幌観戦記2019夏『赤黒札幌みしゃのいろ2019』と大学野球応援解析ブック『大学野球Oh援団2019』の頒布を予定しております。なお、題名は仮名ですが、そのまま使う予定でいます。

 

 また、大学野球観戦記2018『Show Time  College Baseball』はboothにて頒布を年始から行います。準備が整い次第行います。現時点で残部が先ほども話した通り20程なので、ゆっくりとお求めできるとは思います。なお、過去の本に関しては残部が少ないため、次回のイベントでオマケとしてお渡しする予定です。ご理解戴けると幸いです。

 

 そんなこんなで、2018年もあと2日、皆さんにとって来たる2019年が実りある1年でありますように、願っております。それでは、よい(濃い)お年を!!

2018冬コミのお品書きっ!

 こんにちは、蒼屋真澄です。冬コミまであと10日近くとなりまして、年の瀬が迫ってきている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、今回は冬コミのことで告知の更新です。

 

 12月29日(土) 西「な」03a 「常熱大陸」

 

 今回は頒布アイテムを絞りまして、2品のみの頒布となります。また、旧刊に関しましては持っていきますが、お声掛けをしていただければ、旧刊セットという形で頒布いたします。各10部ずつを予定しております。

 

今回のお品書きはこちらです。

f:id:cos-jonetsu:20181219193122j:plain

画像:お品書き。当日はこれを掲示いたします。


 

新刊大学野球観戦記「Show Time college baseball¥500

48P・表紙のみフルカラー・オンデマ本

f:id:cos-jonetsu:20181219192904j:plain

画像:『College Baseball Show Time!! 』表紙

 

f:id:cos-jonetsu:20181219195516j:plain

画像:「College Baseball Show Time」サンプル1

f:id:cos-jonetsu:20181219195750j:plain

画像:「College Baseball Show Time」サンプル2




 

お馴染みの大学野球観戦記、こちらは2018年verです。収録数は春秋ともに7試合の合計14試合で、ドラフト会議特集や各地区のデータなど、どちらかというと、「大学野球にあまり興味を持っていない方にも楽しめる」1冊に仕上げました。柔らかい感じではなかなかないですが、おまけペーパーをお渡しする予定で、そこは趣味丸出しの話をする予定です(笑)。

 

新刊流経大ドラゴンズ龍ケ崎観戦記「たつのこよ、永遠に」¥300

24P・表紙のみフルカラー(昨年から変更しました)・オンデマ本

 

f:id:cos-jonetsu:20181219192924j:plain

画像:「たつのこよ、永遠に」表紙

f:id:cos-jonetsu:20181219200243j:plain

画像:「たつのこよ、永遠に」サンプル1

f:id:cos-jonetsu:20181219200243j:plain

画像:「たつのこよ、永遠に」サンプル2



 

こちらは3年連続となる流経大ドラゴンズ龍ケ崎観戦記です。本来は今年で一区切りしようかと思ってこの題名としましたが、来年もやる予定です。残留争いで落第しなくてよかったと思っております。

 

これ以外の本に関しましては、過去ログ関係になりますが、2016・2017大学野球本関係のセットを¥500で10セットほど、札幌・流ドラ観戦記のミックス本を¥300も10セットで頒布します

 

こちらは掲示しませんが、Twitterでも一応広告しますので、よろしくお願いいたします。

 

以上、当日は弊サークルブースでお目にかかれることを期待して!

私は宣伝をしながら、FGOのクリスマスイベントを周回します(笑)。

ブラダマンテちゃんかわいい。

それではみなさん、Merry Christmas!!

大学野球関連での謝罪について

お疲れ様です、蒼屋真澄です。

 

突然ではございますが、ここで謝らなければいけないことがございます。

それは、先の明治神宮大会でのこと。

某大学・某高等学校吹奏楽部の応援に関して「騒音」と厳しく断じました。

また、応援に関して「音の暴力」と厳しく批判をいたしました。

これ以外にも非常に「誹謗中傷ととらえかねない発言」をいたしました。

そのことに関しまして、「応援の多様性を損なうこと」「誹謗中傷ととられかねない発言をした」という2つの理由から謝罪をいたします。

申し訳ございませんでした。

 

そのことをふまえた上で、今回意見ということ(私側の言い分)でお話をします。

今回の大会で某大学は附属高校も含めまして、吹奏楽団を約90名ほど神宮球場へ派遣。それに対し、私は関東の某大学側に座っておりました。

この日は南から吹くこともあり、また、湿度が低かったこともあり、大変音が通っておりました。

そのために、彼らの音が非常にノイジーに感じてしまった、そのように思います。

ですが、私はその音に非常にシビアに反応をしてしまい、怒ってしまいました(今を思えば、他のファンの方もこうした音でかなり激怒をしていた)。

早い話が、習志野市習志野高校でも議論の的となった「美爆音」です。

それに関して、Twitter上で先のような誹謗中傷ともとられかねない言葉をツイートしたというものです。

これに関し、野球だけでなく、比較対象として、Jリーグのこともふまえて話をしました。

大学野球でも、ここまでの音量で応援をすることは非常に稀で、昨年同校を観戦した際には同校の吹奏楽部が地元でのイベントに参加していることもあり、関東には来なかった。今年はそういった事情もなく、上京したこともあり、今回の件となった背景がございます。

私自身、応援に関して、表だって批判をすることは正直ございません。ですが、当該校は相手の選手に対して「攻撃的な応援」をしていた。先述の習志野高校でも同様の話がございましたが、応援は必要。これは私もサッカー・野球・アメフトなど多種多様なカテゴリを観戦し、自分でもプレーをする人間なので、理解をしております。

しかし、今回のような「応援が違う」という言葉に代表される「相手への威嚇」や「威圧」を目的とした応援は応援の本質から大きく外れているように思います。

これは、サッカーでも同じですが、彼らの行っていたことはピッチ場の選手へ向かって拡声器のサイレンを向けるようなことで、断じて許されることではありません。

また、私自身も彼らの威圧的な応援キレてしまった。その時点で私の負けでした。実際、習志野高校の吹奏楽部の監督もそういう狙いがある旨を話していたために批判を浴びていました。ですが、そういったことで「これはおかしい」と思った私の感覚が異端なのかなと試合を終わってしばらくして思ったのです。

そもそも、暴力や威嚇で返してしまったら向こうの思うツボですからね。

ただ単に学生の発表会ならまだしも、今回の場合、6年ぶりで、6年間チームの内紛など艱難辛苦に耐えてきた。そういった思いが私にとって強い思いとしてあった。選手やスタッフ、OBにしても、それは同じです。そういうことがなかったら、今回のようなことはなかったように思います。

結論として、威圧的な応援は応援でありません

応援をするということは選手や愛するものに対して、「少しでもハッピーな気持ちにさせてあげたい」というものです。しかし、こういった大きな音で相手を威嚇することに関して、果たして「ハッピーな気持ちになるのかな」と疑問に思う。それがあるので、私はあのとき、「じゃかあしい」と極めて厳しい言葉を出しました。応援ではなく、それではただ単に相手を攻撃するだけのものとなってしまいます。

私の言葉もそうです。ここで近江商人の言葉を借りますが、応援は受け手よし、する側もよし、第三者側もよしの三方よしでなければいけません。聞いている選手やチームスタッフはもちろん、「応援の輪の中に入りたい」人をその気にさせる、そして、行う側もハッピーになるのがベストです。

今回の私に関しては全てが不幸な結果に終わっていますし、向こうも聞いている人が全員ハッピーとなっていない。それがともに応援として非常によくない状態、それが結論の冒頭に話をした「威嚇的な応援」ではないのかと考えます。

こうしたことに関して、ナーバスになり、誹謗中傷ともとられかねない言葉を発してしまった私に責任があります。そこを本文の冒頭に謝罪としてお話をいたしました。また、先方に関しましても、「相手をナーバスにさせる応援は応援ではない」というのが私の見解でございます。

 

長文となりましたが、私自身、昨年の「修羅場」や「冊数が少ない」ことでの一件に続き、不徳の致すところでございます。私自身の了見のなさ余裕のなさがこうした件を引き起こしていると考えております。

今回のことに関しましては、相手方や今回のことで傷つかれた方に関しましてはこの場を借りまして、お詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。

 

2018年11月16日

常熱大陸 代表 蒼屋真澄

 

11月17日追記:私自身傷つける意図は本心ございませんでした。ですが、意図的な「攻撃的応援」もございまして、強く反応してしまったという経緯がございます。今後は同様の事象がございましたら、十二分に配慮をいたしますので、よろしくお願いいたします。

お久しぶりになります。C95のお知らせ

 お久しぶりになります、蒼屋真澄です。

 

 今冬もコミケのブース拝領致しました。今回は初の西館、土曜日西「な」03aとなりました〜!

 

 今回は大学野球観戦記2018とJFL流経大ドラゴンズ龍ケ崎観戦記2018(完結編)の2本が新刊となります。

 題名は後日付け足しますので、よろしくお願い致します。

 

f:id:cos-jonetsu:20181102204742j:image

画像:サークルカット(カラー版)

 

 

 2016年以前の既刊本はお持ちでない方へ特典としておつけする予定です。初めての方は「初めて購入する」旨をお伝え戴ければと思います。

「ドラゴンズ」に関してはお伝え戴ければ、2016夏刊行のJ2観戦記・2016観戦記・2017年観戦記をセットでお渡しする予定です。

 大学野球観戦記は2017年分をセットで頒布する予定です。特典として2016年分(大学野球観戦記と初心者本)をおつけいたします。

 

 以上、今年もあとふた月となりましたが、弊サークル「常熱大陸」をよろしくお願い致します。

 

 

【小ネタ】ポケ森(おいでよ どうぶつの森 ポケットキャンプ)をやってみて

 こんにちは、蒼屋真澄です。

 

 寒いですね。寒すぎてお外に出たくないという意見の人も多いかと思います。私もそうです。

 

 そういうときの暇潰しはやはりソシャゲや読書になります。私は最近ポケ森こと「おいでよ どうぶつの森 ポケットキャンプ」を2カ月くらいやっています。スローライフをするをコンセプトにしたゲームですが、これまたネタ性が強いのなんの。

 

f:id:cos-jonetsu:20180112162423p:image

写真:字が違うだろ!

 

 まあ、こういうやりとりがあるわけです。冷たくあしらうキャラクターもいますけどね。

 

 初心者向けにこうすればそれなりに楽できるというのを少し紹介します。

(2018年1月下旬現在のデータです)

 

 まず、基本的に最初は「ふわふわのもと」が絶望的に不足します。これはテントが原因な訳で、テント以外でもソファ類は「ふわふわのもと」が必要となります。そのために恐ろしい程足りなくなるわけでして。

 

 解消法は「ふわふわのもと」を獲得できるスキームを作るということに他なりません。

 

 スキームはふわふわのもとを貰えるどうぶつをキャンプに呼ぶ→レベルアップです。

 ふわふわのもとを貰えるどうぶつはボルト(クール・ペンギン)、グラさん(スポーティ・サーファー風ライオン)、フラッペ(クール・仲間にするにはふわふわのもとが大量に必要な2018年初に登場したペンギン)、マーガレット(ファンシー・豚)、サンデー(ナチュラル・ライオン)、ペンタ(スポーティ・脳筋気味なペンギン)、アグネス(クール・しれっと「あぁ、アンタかい」と言い放つドS系の黒豚)、エーミー(ファンシー・ピンクのカバ)。

 これらを仲間にした上で、ふわふわのもとを貯めるためにのんびりスローライフすれば大丈夫というわけです。レベル10まで来れば彼or彼女たちもそれなりにキャンプ以外でもエレメンツを貰えるのですが、それこそ運なので、高頻度ならキャンプ招待は不可避ということです。

 同じように、もぐもぐのもとはセルバンテス(クール・牛さん)とツバクロ(スポーティのキャンプだと最初からいるツバメ)をキャンプに駐在させれば大量にもとが手に入るチャンスがあるというわけです。あくまでも確率ありきですけどね。ちなみに、キャンプに招待した場合でも特別なイベントありのケース(エレメンツorお金がもらえない)場合でも「話したいことがある」と表示されます。レベル10orレベル15で特別な家具を作って欲しい(特別なお願いを叶えて欲しい)でも同様です。後者は友好度が上がらない(その代わり、制作して話しかけるとコールカード・お願いカードが各1枚づつ貰える)ですが、前者だと友好度が5or6上昇します。レベルアップをすれば、ここでももとが貰えるということになります(レベル7とレベル9を除く)。

 

f:id:cos-jonetsu:20180112165602p:image

写真:いまはこんな状態でカントリー・ふわふわのもとを強化

 

 属性エレメンツ(クール・スポーティ・ファンシー・ナチュラル・カントリー)も同様に収集可能です。

 こちらはレベル10未満(レベル9まで)は基本的に各1個、特別な場合で各2個です。レベル10〜14でこれが2or4個、15以上だと基本が3つと大幅に貰えるようになります。

 ちなみにレベル15以上で特別な場合だとふわふわのもとが38個、下手などうぶつさんの欲しい家具を作れちゃいます。

 

f:id:cos-jonetsu:20180112170205p:image

 写真:これがちょっと前。

 

f:id:cos-jonetsu:20180112170324p:image

  写真:これが現状だよ。

 

 のんびりやれればストレスなしでそれなりにできちゃいます。あとは頻繁に動かしている人とフレンドになることでしょうか。これが実は難しくて、意外と飽きちゃったという人が多いのです。私もアクティブが多くなく、色々と苦労しているんですよね……。

 

 そんなこんなで今回はソシャゲのお話をしました。他にPokemon GOとかFGO(フェイトグランドオーダー)もやっています。こちらはへっぽこマスターなので、のんびりやっていきます(笑)。それでは、また何か私生活的なことでお話できればと思いますので、次回をお楽しみに。

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。本年も前年と同様に常熱大陸をよろしくお願いします。

 

 1月中はサークル冊子委託の話くらいとなりますが、のんびりと行動しますので、よろしくお願いします。

 

 f:id:cos-jonetsu:20180101142303j:image

 写真:近所の神社にて。お焚き上げです。

 

 本年の予定は昨日辺りに公開しました項目に掲載しております。コミケとおもしろ同人誌バザール(6月or10月辺り・此方は新刊コピー本でごく少部数、食べ物本になります)、東京野球ブックフェアの4つになります。基本的に既刊の頒布がメインですが、新刊の頒布も行いますので、気になる方は来て戴けると幸いです。

 

 私的にもサークル的にもなかなか軌道が定まらないですが、今年一年を突っ走れるように頑張ります。

 それでは、皆さんの2018年が特別なものであることを祈っております。

 

 2018年1月1日 常熱大陸・代表 蒼屋真澄

 

 (1月2日:修正を致しました。新年はいりませんよね。ご指摘ありがとうございます)

2017年を写真で振り返る

 お疲れさまです、蒼屋真澄です。

 

 行く年来る年企画ということで、今回は写真で振り返る2017年をお送りします。昨年まではツイッターでしたが、今年はこっちにしました。

 

 1月

f:id:cos-jonetsu:20171231190937j:image

 

 此方は自宅近くの市場。このお店は別のとこで見ることになりました(笑)。

 

 2月

f:id:cos-jonetsu:20171231191112j:image

 

 懐かしいなあ、仙台戦です(笑)。

 結局、ここで勝てなかった仙台を抜けたのは向こうサポのフォロワーさんが「ウチに勝てないと残れない」と危機意識を植え付けさせてくれたことが要因でした。本当にありがとうございます。

 

 3月

f:id:cos-jonetsu:20171231191304j:image

 

 此方はリンガーハットなんですが、この月はV・ファーレン長崎の経営問題が発覚していた頃で。なんとか昇格できたというよりも、「サッカーの楽しさ」を知ったのかなあと。それがあれば残留できますよ(ニッコリ)。

 

 4月

 f:id:cos-jonetsu:20171231191605j:image

 

 なんなんすかね、この寒さ。4月なのにぶるぶる震えながら野球を見ていました。

 

 5月

f:id:cos-jonetsu:20171231191751j:image

 

 キセノンこと稀勢の里ブームに沸く両国国技館です。キセノンはまだまだ本調子に……。アメスポ好きで同郷の力士なだけに期待の力士なんですけどね……。

 

 6月

f:id:cos-jonetsu:20171231192002j:image

 

 此方は当サークル「常熱大陸」の刊行物「たつのこ奮闘記」にもある佐貫駅の駅メロディーが新設されたことです。何気ないことかもしれないけど、それが特別。どんなものだってそうなのです。

 

 7月

f:id:cos-jonetsu:20171231192214j:image

 

 今シーズンのターニングにして、天国と地獄の分岐点です。大宮アルディージャさんがズブズブと泥沼に沈んでしまったのは僅か4秒。一瞬でも気を抜いてはいけない。それを痛感した試合でした。

 

 8月

f:id:cos-jonetsu:20171231192526j:image

 

「常熱大陸」としては5回目のコミケ参加。皆さんあの節はありがとうございました。

 

 9月

f:id:cos-jonetsu:20171231192446j:image

 

 此方は茨城県牛久市まで行ったときの写真です。首都大学野球を初観戦。首都大学だから東都大学だからと思わなくなったのはこれが要因ですね。清宮幸太郎のフォーム研究をしていた川村卓助教が監督とは思わなかったです。筑波大野球部はめっちゃ上手かった。

 

 10月

f:id:cos-jonetsu:20171231192947j:image

 

 戦後初って何を皆さんは思い浮かびますか? まさかが起きてしまいました。東大野球部、法政野球部に連勝で勝ち点獲得。伝聞ですが、私が行けなかった第2戦の試合後、法政側スタンドはやはり荒れようがハンパなかったとか。

 

 11月

f:id:cos-jonetsu:20171231193316j:image

 

 中京のスター候補生、全国に。栗林くんは本当に凄い子です。制球もそんなにアバウトじゃないので、中日ドラゴンズ以外のスカウトさんが注目しないのが驚きです。それくらいいい球を放り込みます。名城大の栗林くん。記憶にとどめておいてくださいね。

 

 12月

f:id:cos-jonetsu:20171231193619j:image

 

 これは霊峰・筑波山。毎回帰郷する毎に筑波山が綺麗に見られるこの時期は本当に好きなんですよね。空気がぴーんと緊張感のあるのがいいんです。

 

 オマケ:2月

f:id:cos-jonetsu:20171231195314j:image

 

 仙台戦からもひとつ。「爆裂ゴール裏! 叫び続けろ5400秒」は仙台っ子の情熱が結集したそれなんだなあと。

 

 オマケ:8月

f:id:cos-jonetsu:20171231194927p:image

 

 川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌の試合が行われた日の気象警報はまさに地獄。これでも試合は開催された。この試合のMVPは元札幌の奈良竜樹。上手くなったなあというよりも、荒野拓馬とちょっかいを掛け合っていただけじゃねーのというブーイングに少し札幌サポの複雑な感情が見え隠れしていました。

 

 オマケ:11月

f:id:cos-jonetsu:20171231194619j:image

 

 岡山一成選手が奈良クラブを退団したわけですが、奈良クラブの今季最終試合に行ってきました。といってもたつのこなんですけどね。「岡山劇場」の写真に米粒程ですが私も載ってます。奈良クラブの公式写真に載っかるということもいい思い出です(笑)。

 

 オマケ:12月

 f:id:cos-jonetsu:20171231194219j:image

 

 冬コミはこんな感じでやっておりました。写真右は京葉マリンドリーム(私も構成員です)の委託冊子です。新刊はともかく、既刊本もまだ残物がございます。セットで頒布をする方針です。近日中に新刊以外はチャレマに出店予定ですので、覗いてみてくださいね。

 

 そんなこんなで本年も「常熱大陸」&代表の蒼屋を応援していただいてありがとうございました。来る2018年も頑張り続けます。楽しませ続けろ365日を目標に行動します。

 それでは、よいお年を。観て戴いた皆さんの一年が素晴らしく、濃ゆいものであることを祈っております。